ハイロンが上海志明軟件、無錫智明創発を買収

2019年1月22日

2018年年末、上海海隆軟件有限公司(以下「上海海隆」)は、上海志明軟件有限公司(以下「上海志明」)と無錫智明創発軟件有限公司(以下「無錫智明」)の株を100%買収しました。

上海志明と無錫智明はこれまで日本野村総合研究所(以下「NRI」)の100%子会社であり、日本の保険、銀行など金融向けのソフトウェア開発を主営業務としてきました。

2019年1月2日には、上海海隆とNRIは海南島三亜亜龍湾のヒルトンホテルにて、株式譲渡式典を取り行ない、また1月21日には、上海建国ホテルにて、社名変更式典が行われました。こうして上海志明と無錫智明は上海海隆信技軟件有限公司、海隆軟件(無錫)有限公司となりました。

2社が当社グループに加わることによって、当社とNRIとの戦略的な協力関係はさらに強化されます。

  • ハイロンが上海志明軟件、無錫智明創発を買収
  • ハイロンが上海志明軟件、無錫智明創発を買収